セカンドアルバム「Twill」

Twill_4

Twill / 黒沢綾
2013年11月1日発売    Released by: HARU RECORDS
                 Catalogue number: HARU-017

「より自由に、より大胆に。 黒沢綾 四年ぶりセカンドアルバム」
胸をはって、私のこれからを照らしてくれる作品に仕上がりました。
一発録りの緊張感も、ひらめきも、ファインプレイも、
”生きた音楽”としてこの一枚に収める事ができたように思います。
純粋に楽しみ、自分でさえも知らない自分を見つけてもらえたら、嬉しいです。

収録曲
1.Aurora アウロラ  2.Circle ONE  3.月が赤く染まるとき  4.紫陽花の転たね
5.うさぎ  6.沙羅  7.月とワルツ  8.DRAMA  9.傘ひとつから

参加ミュージシャン
黒沢綾(Vocal/Piano)、佐野俊介(Bass)、小山田和正(Drums)
北床宗太郎(Violin)森永達哉(Guitar)、kuriko(Tap dance)
梶原圭恵(Violin)、角谷奈緒子(Viola)、竹本聖子(Cello)

◆ご購入◆
ライブ会場 または サウンドブライト オンラインショップ
http://www.soundbright.co.jp/yuumin/7.1/HARU-017/

◆「Twill」ダイジェスト 試聴◆

 

2015年4月30日 (木)

4月のライブスケジュール

cherryblossom 4/8(水) @大塚 All in Fun
http://allinfun.jp/
18:30 open
19:30 start
2000円(お料理のおいしいお店です。ご飲食をお願いします)
【黒沢綾(vo,p) 梶原圭恵(vln)】
私の作品にも参加してくれている、バイオリニスト梶原圭恵とはじめてのデュオ。
お互いのオリジナルとアイデアをを持ちよって。タイトルがとってもユニークな彼女の曲もお楽しみに。
音の響きも気持ちよく、お食事の美味しいAll in Funにて、お待ちしていますlovely


cherryblossom 4/10(金) @桐生 Village
http://villagejazz.jp/
19:00 open
20:30 start
No Charge
【黒沢綾(vo,p)】
我が故郷、群馬は桐生にあるご機嫌なジャズスポットで月一で弾き語りすることになりました。
毎月第二金曜日です。ノーチャージですので是非遊びに来てくださいwink


cherryblossom 4/18(土),19(日) ナショナルタップデイ@メルパルクホール
全国からタップダンサーが集まる一年に一度の祭典、ナショナルタップデイ。
kurikoちゃん率いる「kuriごはん」の一員として2日間/3公演、出演します。
素晴らしいタップダンサーが集まりますので、タップに興味のある方はぜひ。
詳細はこちらをご覧ください。http://www.ntd1991.com/
チケット購入は私までご相談ください。


cherryblossom 4/22(水) @新宿 白龍館
http://www.hakuryukan.jp/

19:00 open 
20:00 start   
charge  3000円
【黒沢綾(vo,p)  佐野俊介(b)  小山田和正(ds) + 松村拓海(flute)】
トリオに初めてのフルート投入、松村拓海くん。華やかに暴れてくれると思いますcatface
ゲストの存在はまた新しい想像力を掻きたててくれます。
新しいサウンドの予感がする、白龍館でのライブ。ぜひともお越しください!



banana 5/1(金) @阿佐ヶ谷 クラヴィーア
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/klavier/www/
19:00 open 
20:00 start 
2,500円
【黒沢綾(vo) 栗林すみれ(pf) 北床宗太郎(vln)】
トリオ・アニバーサリー。好評いただいています。

banana 5/2(土) @代官山 晴れたら空に豆まいて
http://mameromantic.com/
12:00 open 
12:30 start   
予約2,500円 当日3,000円  ランチ付き!
【黒沢綾(vo,p)  佐野俊介(b)  小山田和正(ds) 】 
昼間のツーマンライブです。ランチつき。

banana 5/8(金) @桐生 Village
http://villagejazz.jp/
19:00 open
20:30 start
No Charge
【黒沢綾(vo,p)】
第二金曜日の恒例となります。

banana 5/23(土) @高円寺 AFTER HOURS
http://www.afterhours-1975.com/
19:00 open 
20:00 start (3stage)
1600円
【黒沢綾(vo) 森永達哉(gt)】
おなじみのリラクシングなデュオです!

banana 5/24(日) @茗荷谷 cafe e bar U_U (カフェ バール ユウ)
http://cafe.u-u.cc/
13:30 open
14:00 start
3000円(ドリンク、スイーツ付き)
【黒沢綾(vocal) 寺尾陽介(bass)】
アンプラグドのコードレスデュオ。詳しくはコチラ!要予約☆

cake 5/26(火) @大塚 DONFAN
http://www009.upp.so-net.ne.jp/donfan/
19:00 open
20:30 start
3000円
【黒沢綾(vo,p)  佐野俊介(b)  小山田和正(ds)  ゲスト:松木理三郎(tp)】
オヤマダ生誕記念スペシャルで、彼の大先輩がゲストで登場です! 

banana 5/31(日) @横浜 元町中華街 491house
http://www.asahijazz.net/liveinfo/491.html
19:30-/20:40-/21:50-
投げ銭
【北床宗太郎(vln) 黒沢綾(vo) 寺屋ナオ(gt)】
素晴らしいジャズメンとの共演です。

cake 6/3(水) @桐生 Village
http://villagejazz.jp/
19:00 open 
20:00 start
2500円
【黒沢綾(vo,p)  佐野俊介(b)  小山田和正(ds) 】
誕生日前夜祭はふるさとにて!

cake 6/4(木) @大塚 DONFAN
http://www009.upp.so-net.ne.jp/donfan/
19:00 open
20:30 start
3000円
【黒沢綾(vo,p)  佐野俊介(b)  小山田和正(ds)  +森永達哉(gt) kuriko(tap)】
今年もドンファンで誕生日ライブです。豪華編成☆ぜひとも!

2015年4月11日 (土)

villageレギュラーはじめました。


どどーん!!


ジャズバーで、飲み物を勧められることはあれど、出前を勧められたのは初めて。
の、どんぶり(大盛)。

昨夜は桐生villageにて弾き語りでした。
これから毎月、第2金曜日は歌いにゆきます♪ 次回は5/8!.
..

実家から距離があるとはいえ、おなじふるさと。
上州の心地よさを肌で感じながら、思い思いに歌わせてもらいました(^ ^)
villageのピアノさんともこれからどんどん仲良くなりたいなぁ。

それにしても、あたたかい場所。大好き。
美絵さん、冷たい雨の中お越し下さった皆さん、出前をご馳走してくれたかた笑
ありがとうございました♪





たまたま、同期のシンガー河波氏がいて乱入され・・・もとい、久しぶりに一緒に歌いました。
彼の歌はやはり素晴らしいですね。


この日のランチは母の友人に連れられて、母の実家の近くでご自宅をレストランにしてしまった、という隠れ家へ。
ピアノがあったのでちょっと歌わせてもらいました。
いつかここでコンサートできるかも?とっても素敵な場所でしたよ♪

どうぶつデュオ

11133872_782967808490401_6309306830
今週、大塚All in Funにて行われた、梶原圭恵(よっち)との初デュオ。

インストあり、どうぶつコーナーpigあり、初披露ありの、新しい試みひしめくプログラム。
ふたりとも満身創痍気味ながら(汗)、結果的にはとても面白い内容となりました。

本番直前までお互い譜面に穴があくほど睨めっこする様子なんて、
初々しさというかハラハラというかなんというか・・・緊張感がずっとありました。

私の初挑戦として、インストのオリジナルを、このデュオの為にかきました。
「きりんの恋」といいます。
10年以上ライブを続けてきて初めての試み。
そんなインスピレーションもきっと彼女の世界観に触れたからかなぁと思います、
よっちありがとう!!
刺激的でやりがいがあって、育てていきたいなと思えるデュオでした。またやりたい♪

このデュオの初演に居合わせてくれた皆様にも感謝します。
飛び入りだけどキメもばっちりの小山田くんもありがとう。

All in Funの森さんは相変わらずストレスなく演奏に集中できる素晴らしい環境を作って下さる♪いつもありがとうございます!

何食べても美味しいですが
焼きバーニャカウダも、焼きチーズリゾットも、やはり最高です。。。

この日は、4月にもかかわらず朝から雪が降っていて
やっぱり私らしいライブ日和ではありましたが、
足を運んでくださった皆様には本当に感謝です!!

アフロとアフロケーキ

3月の末日は、新宿Jにて北床宗太郎カルテットでした。

このバンドは私のトリオに北床くんが加わったのではなく
あくまで北床くんのカルテットに呼ばれたトリオという、若干ニュアンスが違っておりまして
曲もだいぶチャレンジングであったりと、刺激的です。

北床くんはエレキバイオリンなる兵器を投入して
ロックばりにギュインギュイインとソロをしておりました。。。自由です。
でもめちゃくちゃかっこよかったよ!



ベースの佐野くんの誕生日前日ということで
われらもサノヘアーになってみました。佐野くんは地毛です。

自らの顔にナイフを・・・

こちらはノーマルバージョン。



おめでとう!

古民家2015春

ギタリスト森永くん2daysがありました。
3/28(土)はアフターアワーズ。沢山の閃きが生まれた良いライブだったな。
冬季限定の賄い鍋は、ファイナル、詳しくは言えないけど、ちょっぴり豪華でした☆
けいさん、ありがとう!次回は5/23(土)です♪

あけて日曜日は、
大月の古民家にいってきました。
演奏、賑やかな食卓、静かな夜、朝の珈琲とボサノバ・・・。

集まる人たちのあたたかい心に触れ、癒される、ふるさとのような場所です。

3度目のお馴染みメンバー。森永達哉(gt)、岸淑香(p)

いつも楽しみにしているけど、実際は想像以上の味わい深さが。
まず、着いて早々、お抹茶をいただくことに。
「荷物おろすのなんか後でいいから、とりあえずこれ飲みなさい」だそうです。笑

ひだまりのステージ

たくさんの方に聴いていただきました。今回は東京からもたくさん!

「家族」写真 


ライブ後のお楽しみ

古いオルガンがあったので

ふたりともエンジョイ

踊ったりもします





朝です。生ギターのボサノバと珈琲の薫りで目が覚めました。

朝ごはん。


近くの猿橋に寄ってかえってきました。


次は、秋にいきます。

さようなら築地場

10387408_1049473315067148_781002002

今まで数々のイベントで足を運んだスペース(であり工藤悠さんご家族のご自宅でもあった)
〈築地場〉が、幕を閉じました。

さよなら会に参加。

知っている人も知らない人も集って
食卓が色とりどりになって
ふと演奏が始まって
パフォーマンスがはじまって
こどもたちが歩き回って

いつものように楽しいひとときが流れて終わりました。
好きな場所。かけがえのない場所だったな。
今までありがとう!!

2015年4月 6日 (月)

国技館に行ってきました(相撲ではない)

3月前半はのんびり過ごしていましたが、
後半はドドーっと過ぎていきました。
ここでいくつか振りかえり。

3/14
J-WAVE主催のギタージャンボリー@両国国技館
なかよし御一家といってきました。
テレビで見るような人達のライブってほぼ行く機会がないけれども、機会がないだけで、すごーく楽しめました。

室内フェスといった感じで、6時間の長丁場も、枡席でご飯たべたりお喋りもしながらあっという間。
出演者はギター1本で出てきて、国技館の真ん中で歌うのです。
持ち時間のなかで好き勝手やっていくひと、黙々と歌を歌ってゆくひと、
出演した全員のことを好きになってしまいました。個性に触れるとそうなってしまうよね。

ひとり異次元だったのが、玉置浩二さんです。震えました。
もともと一番のお目当てでしたが、規格外の存在感、圧倒的な歌唱力。
このひと、どんどん上手くなってる気がする。
どんな破天荒な人であろうとこの人の歌は凄いです。
「田園」も「メロディー」もギター1本で聴けて、、、泣かずにはいられなかったです。

かいくん写真集





2015年3月13日 (金)

普段きいている音楽 その1

ライブが月の下旬に集まっているので、少しゆったりと過ごしてきた今月。

この季節になると毎度、鼻がじゅるじゅるするのですが
「認めたくないアレルギー」に、そろそろ観念したろうやないかいと検査にいってみたら
すべての項目で陰性。。。じゃあなんやねん、このグズグズは!
人体はふしぎです。
検査後さらにふしぎが増えるというふしぎ。。。

さて
来週あたりから怒涛のライブがやってきます。
ぜひ、ライブスケジュールのチェックをお願いします~!
http://aya-nasu.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-88ea.html



この頃ライブレポートばかりだったので少し違う話題を。

インターネットラジオ jjazz.net 【PICK UP】という番組で、ナビゲーターをしています。
皆さん、きいて下さっていますか?
まだ、という方はこちらからどうぞ(好きな時間に何度でも無料で聴いて頂けます
http://www.jjazz.net/programs/pick-up/

この番組では国内外の新譜を紹介しています。
いち早く聴くことができますし
世界中の素晴らしいアーティストを知ることもできます。
そして私自身も、近頃聴いている音楽はここで得たものがほとんど。
昔はよくCD屋さんに行き、試聴したりジャケ買いしたりしたけれど、、、めっきりCD屋には行かなくなってしまった。
ネットではお目当てのものだけを聴き、徐々に新しい音楽に触れる機会を失っていました。
だからこのナビゲーターの仕事を通じて情報が入ってくるようになり、
新しい世界が広がりました。とってもいい経験をさせてもらっています。
ナレーション能力は置いといて、楽しく刺激をうけています。

ということで、今日は私が普段特に気に入って聴いている、ヘッドホンの中身を紹介します。
まずこの人です。

Antonio Loureiro (アントニオ・ロウレイロ)

ブラジルの都市ミナスにおいて、若手音楽家による音楽が盛んなのはご存知ですか?
その中心的人物ともいえるのが、アントニオ・ロウレイロ。
映像を見ていただくとわかる通り、打楽器、ピアノ、歌などをこなすマルチ奏者です。
日本では少ないですが、南米はちらほらこういう凄い人がいるんですよ。少なくとも歌はみな歌うのではないかと。
そういうカルチャーにとても憧れている私は、バンドメンバーには歌ってほしいと常に思っています。
(ちなみにここだけの話、「傘ひとつから」のラスト部分は顕著に影響を受けていて、バンドメンバーを歌わせるという使命(?)も果たしてやりました。してやったり!)

自分以外の作品ではドラムやビブラフォンでの参加が多いみたいですね。
来日公演の時はピアノを弾いて歌っていましたが、なんでそんなことが出来るの??超絶不可解な指捌きでした。
ジャズと現代音楽とミナスの流れが、どう絡み合ったら、こんな複雑なものが生み出されるのだろうと、思考回路がショート寸前。。。

とにかくこの人、近年もっとも影響を受けた人です。
音楽の自由さと、その自由を操るために必要な技術、作曲才能、諸々をまざまざと見せつけられました。まだ若いんですよ。
ブラジルのミナス地方にはこういう才能を持ったプレイヤーが集まって切磋琢磨しているようで、とっても羨ましい。

リリースは2012年ですが、いまだに毎日必ず聴いています。
映像とCDではバージョンが違い、CDではTatiana Parraという女性シンガーも入っていて、

このTatiana Parraがまた、とっても素敵なシンガーなのです。
ということで、次回はTatiana Parraをご紹介します♪

ナビゲーターは、黒沢綾でした。
それでは次回もお楽しみに!

3/11 忘れがたき、ふるさと

先日、ふたたび浦和にて演奏がありました。
ピアニスト、普段はオルガニストの山火彩香ちゃんと。

この日のレポートはこちらに
http://saitamaarts21.noor.jp/arts150311/


はからずとも、この日は3月11日。
震災関連の話題があらゆる場面で尽きない1日でした。
いまだ、苦しみや困難がつづく被災地の方たち。
あまりにも残酷な境遇に立たされた、あまたの想い。
どんなに想像力を結集させても、その光景、体を引き裂かれるような想い、
わかってしまえるものではありません。
あれから4年
忘れてはならないと仰るひともいれば
忘れてしまいたいと切に感じているひともいる。
時がたち、癒えていく感情もあれば、深くなる傷もある
時がたち、やっと話せるようになったひともいるでしょうし
時がたっても、答えが出せない人だっている。

どんな感情も、はたらきかけも、無理強いはできません
いまこの動いている時間が
奇跡の積み重ねであるということを実感できるような体験を
多く持てますようにと、願うばかりです。

音楽はひとつの術でしかありません
頼りのないものかもしれませんが
私はそんな瞬間を作り、寄り添っていくことができたら幸いです

この日、唱歌「ふるさと」を皆さんと歌ったことで
想いの一端を見つけられた気がしました。

志を果たして 
いつの日にか帰らん
山は青き ふるさと
思いいずる ふるさと

被災された方々のこれからの日々が健やかでありますように。

2015年3月 2日 (月)

うたのつばさ

先週は浦和にある公民館にて、演奏がありました。

ピアニスト・オルガニストの山火彩香ちゃんと
ベースは菊田茂伸くん。
初めましてな気がしなかったのは、同級生ということと、ベース弾いてるかカレー食べてるかの生活をしているからでしょうか。笑
Img_1306

住宅地にある公民館にて、普段滅多にライブに足を運ばない方にもジャズに触れていただけるチャンス。とても有り難いことですよね。お客様にとっても、私たちにとっても。
有名なナンバーや日本の曲も交じえての演奏でした。
ライブ後に「懐かしかったわ」とか「昔はよくジャズをきいたわ」なんて声をかけてくれる女性もいらっしゃって、演奏も喜んでいただけたようでした。

一緒に歌ったり、手拍子をして下さったり、楽しい時間でした。
お集まりいただいた皆様、スタッフの皆様も、ありがとうございました!
彩香ちゃんとは来月も演奏があります♪

この模様はこちらのサイトでレポートしてくださっています。
http://saitamaarts21.noor.jp/arts150224/


そういえば、こういう場面で日本の歌を、という際チョイスするのが 「翼をください」。
会津若松の演奏旅でも歌っていますが
これが毎回といっていいほど、私の涙腺を刺激するんですね。
今さら、と思うかもしれませんが、とても素晴らしい曲。
大事に歌い継いでゆきたい一曲です。

«3月のライブスケジュール

フォト

わたしのつぶやき

  • TwitterPowered by 119
無料ブログはココログ