« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

熱が・・・

メールやコメントのお返事もままならないままですみませんが

先日27日のvanillamoodでの私のライブの模様(動画)が

こちらのYou play jazzというサイトで見られるとの事です。





Circle ONE

うさぎ

ピアノ



の3曲がまるまる聴けます。

続きを読む "熱が・・・" »

2008年7月26日 (土)

私にとって一番の理解者であり、親友であり、最も尊敬する女性。



そんな最愛の母が、7月22日に他界致しました。

59歳でした。







励ましのメッセージ、お香典、お花、電報等、私の知人友人から非常にたくさんいただきました。





ひとりひとりの温かいお言葉に励まされ、ひとりひとりに御礼を申し上げたい気持ちでいっぱいなのですが、



昨日葬儀を終えたばかりで、何もかもが、ままなりません。



不本意ではありますが、この場を借りて取り急ぎ、皆様に御礼を申し上げます。



後々ゆっくりと、ひとりひとりにメッセージを返してゆきますね。



本当にありがとうございました。













それから、母にお別れをするために

わざわざ東京方面から深夜かけつけてくれた大学時代からの音楽仲間。



次郎、ナミヘイ、ジョージ、千葉マン、慎平、キムチ。





遅くまで、ママと一緒にいてくれて、賑やかにしてくれて、本当にありがとう。





演奏で群馬に来て黒澤家に泊まると、いつも夜遅くまで、ママも交えてずーっとお喋りしていた思い出が蘇るね。



だからこの夜もママはきっと皆が集まってくれて嬉しかったと思うよ。





都合をつけて、声をかけあって、時間を合わせて、ママのために来てくれてありがとう。













母のこと、たくさん想いがあるのでまたゆっくり書きたいと思います。









今日はこれからステージに立つために移動しています。



明日のvanillamoodのライブも通常通りです、臆せず来てくだされば嬉しいです。





心配して下さっている方もいますが

母は歌っている私が好きでしたし、それを望んでいるはずなので、実家のドタバタもそのままに、上京してしまいました。







いってらっしゃい



楽しんできてね



おかえり



楽しかった?







今でも聞こえるから









ママ、いってくるね。

2008年7月19日 (土)

まだまだひっぱり

ますよ~

眉間が。。。すごいね。。。演歌歌手ではありません。。。念のため。。。

aya2.jpg

クラヴィーアのマスターが撮ってくれていた写真でした~




今日はじめて、、、車こすりました。。。ショック。

2008年7月17日 (木)

蝶々結び



いやはや。蚊にさされまくりの毎日です。一日一痒。(いちにちいちかゆ)

O型はなんでこんなに蚊の餌食になるのでしょう

誰か教えて





最近、ポーニョポーニョポニョ魚の子。が無意識に鼻歌。

特に見に行きたいわけではないんだけど。

気がせっている時にこれを口ずさむとたちまち暢気になります。ぽにょ~







img20080717.jpg

こないだの浴衣の後身頃を。。。

ライブの後だからちょっとヨレてる、、、けどっ

いいでしょお~shine

これを見られなかったそこのアナタ!損です!

それはそれはまるで、、、料亭のママみたいだったんだから!!

自分でもびっくりしちゃったわlovely





次に浴衣を着ようと思っているのは26日のお祭りステージ。

あと27日のvanillamoodも着るかも。

もちろん、コレとは違うやつheart01帯も違うよshine



先日も近くに住んでいるおばちゃん(仲良し)が

うちに来て着せてくれたのだけど。

かなりに着させてくれて。嬉しいのだ。

そして、かなり楽だった。歌うの楽だった。

あと涼しい~って思わずライブでも言ってしまった。



浴衣で暮らす人の気持ちよさ、わかっちゃったよん











2008年7月14日 (月)

クラヴィーアにて

どう撮ってもジョージの背後霊みたく写っちゃうので、彼は気を利かせて、自ら後ろにいってくれたようです。

薄暗いからなおさら怖い。明るい時間はそれはそれで割烹のママみたいでしたが。



写真はクラヴィーアのマスターに撮ってもらいましたmoon3



image485.jpg



とっても面白いライブになりました。スリル満点でジェットコースターみたいに。

お越し下さったお客様ありがとうございました。楽しんで頂けましでしょうか?



近頃は、弾き語りやオリジナルのライブが多かったので、久しぶりのスタンダード中心ライブ。

どの曲に対してもちょっぴり新鮮な気分。歌に集中できたし、声も調子良かったです。

ほぼリハなしでやった為か、先入観が薄く、自由に歌えたような気がします。



しばらく眠っていた曲も妙が妙に歌いたくなって

それも私は気持ちがよかった。



ライブ中にも話しましたが【いつでも準備万端でいること】って本当に難しい。

なかなか叶わないけれど、どんなチャンスの波も過ぎてからでは遅い。

「こわがらないで」「受け身にならないで」その波を正面からキャッチしよう。

【wave】を引用して。。。歌から教わることはたくさんあります。





7/12@クラヴィーア set list



1st

My foolish heart

All of me

A song for you

wave

a natural woman

For all we know



2nd "love"

Almost like being in love

Beautiful love

Lovin' you

L-O-V-E

Love for sale

My one and only love

What is this thing called love?







ジョージいつもありがとう。これからも宜しくお願いします。



次回のクラヴィーアは10/4(土)と先ですが。10月だって~きゃ~!

2008年7月10日 (木)

嬉しい宣伝

次のライブは12日の阿佐ヶ谷クラヴィーア。

いつものことながら、楽しみです。



そうそう





27日のvanillamoodライブのことを

対バンのmaoちゃんがとーーーっても素敵に宣伝して下さってるので

リンクしましたlovely

覗いてみてっ覗いてみてっ



http://naiamao.blogspot.com/2008/07/beauty-of-voices.html





めちゃくちゃ嬉しい宣伝ですよねlovely

わ~んmaoちゃんありがとう~!!私もmaoちゃんと共演できるの嬉しいよ~!!



楽しみだ~heart01



私のオリジナルを聴いたことがない、ジャズしか聴いたことない、立って歌ってるのしか見たことがない、、、

そんな方も、ぜひ、一度来ていただきたい。

もっと私のこと知って下さいと言わんばかりの、私のことまるわかりセキララライブです。

2008年7月 7日 (月)

浴衣をそろそろ。

p1010017_1.jpg

velvetsunライブ終了後。

対バンの土井あかねさんと、、、、皆さん土井さんのお客さん。
ちゃっかり混じらせてもらっちゃいました。
お客さんと集合写真って。ちょっといいよねえ。こんどやろっかな~


rain


えと実家で浴衣を物色。
うちのママはピアノの先生のほかに、着付けの師範もしていて、
母方のばあちゃんは普段から着物を縫ったりしていた人でした。

うちには、代々受け継がれてきた古い着物をはじめ
普段着としての着物や、浴衣まで、たくさん巡り巡ってやってきます。

背丈や体型もしっかり受け継いでいるようで、お直しの必要がなく
「ちょっと今回は●●っぽいのが着たいなあ」と思っても、
イメージに合ったもの、それ以上のものが、だいたい見つかる。
新しいものを買うこともないし、本当に助かっちゃいます...

もともと古いものやアンティーク、今では作れないもの、出せない色・・・
に目がない私にとって、その着物たちは、きっとこれからもっと宝になることでしょう。

残してくれて感謝しなきだし、大切にしなきゃね。。。
私もいつか娘ができたら、
そうやって古くて良いものを喜んで着てもらいたいな。。。




今年は浴衣を早い時期から着たいなと思っています。
ライブやお祭りのステージ。夏らしいイベントに行く時にも。

去年はまだ、ちょっと可愛らしい浴衣を纏っていたのですけれど
今年はシックな浴衣に惹かれて惹かれて。。。
なんだか、気持ちを背伸びしなくても、着てしまえそうな気がしたんです。
実際合わせてみてもシックリくるし、去年と何が違うんだろう。
こういう着物が着られる歳に徐々になっていくんだなあって、純粋に嬉しいっす。


今年の感覚でピックアップしてみたのがこちら。
image479.jpg


渋くて粋。。。


ただ、、、着付けプロの母をもつお陰で、私、着付け、出来ないshock
いつも着させてもらってばかりで。
でもそろそろ年頃だし習得したいと思いますlovely

だってあんなに沢山お着物あるんだもの~!

2008年7月 5日 (土)

暑い!(修正あり)

3日のドンファン、4日のvelvetsun、無事終了しました。

来てくれた皆様、ありがとうございました。



数ヶ月(自分自身の実感として)思わしくない状態が続いて

心配の種だった、喉と声。。。









調です!!







声が思ったとおりにコントロールできたの、いつ振りだろうか、、、

ほんとそんな感じでちょっぴり感動でした。

昨夜のライブは体が鳴りすぎて、気持ち悪いくらいでした。







sun7/3@ドンファン

kurikoちゃんといろいろ練って挑みました。 

4人が心地よいバランスでサウンドが同化するまで、まだまだ吟味が必要だ~って、楽しかったライブの中にも、色々思うところがありました。

何度もやっているメンバーだから、普段の会話も弾むし、仲もいいし、雰囲気もいい。

その感じがそのままアウトプットできるようにしなきゃなって。

ベースの田中啓介くん、トランペットの中村恵介くん、ともに洞察力に富んでいて、センスもあるし、アドバイスも的を得ていて、本当に尊敬します。

同年代だけれども、経験もスキルも先輩なこの2人に支えられて

私とkurikoちゃんは、もっとスケールアップできるチャンスと思って頑張ろうと思います。

ピアノはもともと好きで始めた弾き語りだから、私らしく弾こうって思ったり。

それでも、もっと皆と戯れたり、提示したり、答えたりするために練習と研究が要るし、最低限、歌とピアノがお互いに足を引っ張らないよう、もっともっと練習。練習。れんしゅー

でも、とっても楽しい夜でした。ドンファン大好きです。





sun7/4@velvetsun

極上の空間だなあって、改めて実感しました。

これは、ここで聴いてくれた人にしかわからないのかも。音がね、とってもいいんです。

ピアノを弾いてても歌っていても、一音一音奏でた瞬間に

自分の想像以上に大切なものとして扱われている感じ。とでも言うべきか~

とにかくキラキラして、そのライブハウスを音が満たしているのが見えちゃう。

昨夜は声も絶好調だったから、それはもうとにかく気持ち良くって、

心が解放されて、穏やかになれて、自分自身、素敵な時間を味わえました。



荻窪、ちょっと来にくい方もいると思いますが、来た事無い方、ほんと是非いちど来てみて下さい!

本当にちょっと、いいんですから!保証します。

とにかく私がめっちゃいい顔で歌ってますので、それ見に来るだけでも!んむ!



対バンの土井あかねさんはこういうところでは出会うのが珍しいピアノのインストだったのですが、

人柄や飾らない美しさが滲み出ていて、めちゃくちゃ素敵でしたよheart01

リハからたくさんお話させてもらって、話も合って、とても楽しかったです。







次回のライブは、12日@阿佐ヶ谷クラヴィーアです。

こちらはジャズです。

相方のピアニスト中嶋錠二とはツーカーの仲だと自負しております。

息ぴったりの2人でおおくりする、スリリングなジャズ。見に来てやって下さい。

宜しくお願いします。





しかし、今日は、暑い~!

2008年7月 2日 (水)

いろいろ変えてみた

このblog開設以来ずぅぅっと居座っていた2年半前のわたしから



←最近のわたしへと。



ってもですね、これ去年の12月に撮ったんです。寒空の下。

CDのね、ジャケットにね、なるのを撮りながら。

1日ゆーっくりかけて、プロフィール用になるものやラフショットなんかも

たくさんたくさーん撮っていただいたのです。



とっても素敵でしょ



友人カメラマン、須田誠さんによるもの。





撮影日のことを書いた記事↓

http://ayanasu.blog.drecom.jp/archive/108



以前の、眠ってる私を撮ってくれたのも彼。

その時に初めてお会いして。



それから彼は、あれよあれよと売れっ子に。makoto.jpg

出版した本も好評だそうです。





『NO TRAVEL, NO LIFE』

写真・文 / 須田誠




*本の詳細はこちらhttp://www.a-works.gr.jp/ntnl/



*著名人のコメント(高橋歩、EXILE/USA、俳優/伊勢谷友介、他)

http://www.travelfreak.jp/ntnl_coment.html





もちろん私の家にも。

ベッドの枕の横っちょにいます。









ところで私

撮られるのっていいもんだなって思ってます。

ちょっと高揚したり、いつもの自分じゃないような錯覚になったりもあれば、

気持ちが溶けて、まっさらになって、表情が変化していくのが自分でよくわかるんです。

撮られるという受け身の立場なんだけど、自分を放出してるのが、すっごく分かるんです。



それには、結局カメラマンとの心の疎通が必要なのだけれど。



///セッション///



彼はそう言っていました。

馴染みのある言葉。なるほど。音楽と一緒なんだね。



お互い触発しながらいいものが生まれて。

その瞬間しか味わえない何かがそこにはあって。



誠さんとはそれが出来たのだと信じています。



その証拠に、私の写真。

「私」を、とーってもよく掴んでくれてますよね。



写真て、ほんとに心を映しちゃうんです。その瞬間の気持ちがフィルムに刻まれちゃうんです。



私、このとき

愛おしくて大切な人のことを考えていたんですよ~ぉheart01











・・・甥っ子ですけど。









chick







須田誠さんの最近のお仕事。これ、宣伝。



月刊EXILE創刊号に写真掲載される!

EXILEのパフォーマーUSAがアメリカのスピリチュアルな聖地を背景に

ネイティブ・インディアンと踊った写真を須田誠が激写!

http://exile.jp/index.html





まさか私のblogにEXILEが登場するとは思っても見ませんでした。笑

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »